おすすめの本の裁断機を紹介します。

自宅などで配置するスペースがあまりなく、機能よりも価格を重視したいという人におすすめの裁断機は、スライド式のディスクカッタータイプです。これは重量も軽いので出し入れも楽ですし、作業も力を入れて上下に激しく動くことがないので、比較的狭い場所でも裁断をすることができます。このタイプで人気があるのはカール製「A4ディスクカッターDC-210N」というモデルです。こちらは本体の価格が1万円程度ですむ上、く替え刃も千円以下という安い価格で買うことができます。それほどたくさんの本を裁断する必要のない人や、まずは試しにやってみたいというつなぎ目的の人におすすめの裁断機です。

反対に裁断したい本が多く、なるべく面倒な手間を省きたいという人におすすめなのが、手動の垂直裁断型の裁断機です。このサイズで人気なのはプラス製「断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106」というモデルです。本体の価格は約3万円程度で、切断面のわかるライト機能が付いています。重さは約12Kgと重く、使用しない通常時はレバーは上がったままになるので、固定して設置できる場所の確保が必要ですが、裁断機としての性能は優秀でかなり高い評価を受けています。最大裁断枚数は約160~180枚なので薄い本であれば分割せずに一回の裁断で処理をすることができます。耐久性やメンテナンスのやりやすさにも定評があり、本格的な裁断機を求めるならプラス製が大変おすすめです。

コストパフォーマンスで選ぶなら、「本の裁断機 ブック40」という新型の裁断機です。1万円そこそこと、安いですがかなり切れます。裁断に必要なスケールや固定機能など、一通りのものはついていますので、コストパフォーマンスが高いですね!